91

パワーウォーキングを実践しよう


220から年齢を引いてください。

 上限:答え×75%

 下限:答え×60%

例えば40歳なら、 220-40 = 180 180×75% = 135 180×60% =108

ということで、脈拍が135~108の範囲内になるように歩く事がパワーウォーキングといいます。

大体15分毎に図ると良いでしょう。

92

心拍数は、歩く速度で調整します。また、肘を90度に曲げ、胸を張って腕を大きく振り、頭をあげて、目線はおよそ5メートル先を。つま先で地面を後ろに蹴って歩きます。

パワーウォーキングを行う場合には、通常のウォーキングの時と同様に準備運動をきちんちとするようにしましょう。

パワーウォーキングのポイントである、腕を振るのを後ろまで思いっ切り振るのを意識して歩くことが大事です

パワーウォーキングを継続すれば、様々な健康効果を得られます。

一つ目の効果は、体力強化です。足腰を鍛えることで骨や筋肉が丈夫になり、疲れにくい体になれます。

心肺機能が向上して全身の血行も改善されるため、自律神経の働きも安定します。

159281954-sports-731506_1920-QWkL-320x213-MM-100

二つ目の効果は、健康増進です。効率的に脂肪を燃焼させることが出来るため、健康的に痩せられます。全身の代謝が高まって太りにくい体質に変わるので、ダイエットに最適です。

ひいては、肥満や動脈硬化など様々な生活習慣病の予防にも役立ちます。

三つ目の効果は、ストレス発散です。パワーウォーキングは一般的なダイエットのように過度な苦痛を伴うエクササイズではありません。

自分の体力に合ったペースで楽しく全身を動かせるため、日々の生活の中で蓄積したストレスの解消に向いています。

心と体が軽くなる!パワーウォーキング―心臓移植した金メダリストのミラクルウォーキングの本を見てみる



この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。